実力主義の外資系への転職のメリットとデメリット


個人のスキルを重視してくれる外資系企業

外資系企業では個人のスキルを重要視してくれます。外資系に転職したいという人の多くはそれが魅力で転職を希望するものですね。日本企業の多くは個人よりもチームでの実績に目が行きがちですが、外資系企業では個人の仕事内容や役割が明確であり、実績もその人の実績としてみてくれます。

日本企業のようなチームワークを大切にする仕事の体制は、仲間意識が芽生えみんなでやり遂げて行く達成感を得られたり、コミュニケーションスキルを伸ばしたりすることができる点はメリットです。しかし、もっと個人の能力を伸ばし、認めてもらいたいという人は外資系企業への転職でやりがいを感じることができるでしょう。

外資系企業は給料は高いが安定性が低い

個人のスキルが重要で成果主義である企業がほとんどの外資系では、やりがいがあるメリットと裏腹に、能力がない場合は解雇されることも少なくありません。日本では悪意を持って大きな損害を会社に与えたりしない限り解雇されることはほとんどないでしょう。しかし外資系はシビアであり、能力が発揮できない場合は契約を解消され、解雇となってしまうケースもあります。

実力を評価されやすい外資系は給料も高いです。これは大きなメリットと言えるでしょう。実力があれば年齢や性別などに関係なく正当な評価が得られます。しかし、転職する人も多い外資系企業ですが、福利厚生が充実している企業は少ない状況です。長く、安定した職場で仕事をしたい人にとってはデメリットとなるでしょう。

外資 IT企業とは海外企業が日本に進出した企業などの事で、最新の技術に携われる点や、実力さえあれば誰でも活躍できるというメリットが存在します。