工場の求人はどう選ぶ?勤務形態を必ず確認しよう


2交代勤務の求人は拘束時間をチェックしよう

工場勤務の中でも男性向けの職種に多い2交代勤務は、必ずしも24時間交代の2交代とは限りません。早番と遅番勤務が重なる時間を半分以上設けている工場ならば、毎日必ず残業が発生しがちな状態を避けるために最初から定時間内として8時間勤務の2交代勤務を設けています。一方、12時間勤務の2交代は24時間勤務を2つの勤務時間帯のみで回すことが多く体力勝負となりやすいです。体力に自信があるならば拘束時間が12時間と長い2交代勤務が合っています。

3交代勤務の求人は準夜勤の時間帯が決め手

3交代勤務の求人は、24時間稼働し続けている工場となっていて絶えず生産を続ける業務が中心です。時間帯固定勤務と公休日を挟んで勤務時間帯が移動する勤務とあるので、求人内容が時間帯固定となっているか確認しなければなりません。また、準夜勤の時間帯については各工場により異なるので、準夜勤終了時間帯が午前0時を回るかどうかチェックしておくと良いです。なぜなら、準夜勤後にどのように帰宅するか交通手段の確保に影響するからです。

交代勤務無しの工場は契約期間に注意しよう

交代勤務無しの日勤のみ稼働している工場は、生産量に応じて人員数を増減させる方法と残業を増やすという方法により高まる生産量に対応しています。このため、生産量が下がった時には人員削減を行う方法で生産力を調整することとなるので、契約期間満了時に更新してもらえるかどうかは次の生産量次第となるわけです。もし工場勤務時に生産量増加に伴う増員目的で求人が行われている場合には、生産量増減に伴い契約打ち切りの可能性があると判断して早めに次の勤務先を手配する用意周到さが求められます。

住み込みの求人は主に企業が社員のために提供する独身寮、または学生寮などが多く食事の用意や掃除など多くのことを担っています。