期間工の仕事内容とメリット・デメリットとは?


期間工の主な仕事内容

期間工は、主に工場で働く期間が最初から決められている契約社員のことを指します。期間従業員と呼ばれることもあり、工場が忙しくなる時期だけ増員のために募集されることもあります。派遣社員とは違い、企業が直接雇用するというのが特徴です。働く期間は数ヶ月~数年と様々なパターンがあります。基本的には製造メーカーや自動車メーカーの工場での勤務になり、製造ラインで作業につきます。単純な作業がほとんどのため初心者や経験がなくても作業をこなすことが可能です。

部品の組み立てなどを流れ作業で行うケースが多く、2交代や3交代でのシフト勤務になります。また期間工は寮が完備されていることが多く、寮から工場に通うことができるのも特徴の一つです。

期間工のメリット・デメリット

期間工のメリットとしては、短期間で集中して収入を得ることができるという点です。寮に入れば生活費や光熱費などを節約することができますし、寮は職場の工場の近くであることが多いので出勤のための交通費も削減することができます。人材を集めるために入社祝い金を用意してくれる企業もあるので、きちんと条件を確認して就職すれば多くの収入を得ることも可能です。その他のメリットとしては、働く期間が決まっているので同じ職場でだらだらと何十年も働くということがないということです。職場とのしがらみなどで仕事を辞めにくいといったこともありません。

デメリットとしては、慣れるまでは体力的にキツイということがあげられます。単純作業を長時間こなす必要があるため、仕事にやりがいを感じられずに飽きてしまうこともあります。精神的なキツさも加わることからタフな人に向いている仕事です。

期間工は遠方からも仕事ができるように、寮制度や家具家電付きの物件の提供など生活面のサポートが充実しています。