転職する前にタクシードライバーになるメリットやデメリットについて知ろう


頑張り次第でどんどん稼げる

タクシードライバーの給与体系は歩合制なため、固定給とは違って売り上げが上がれば上がるほどお給料を多くもらうことができます。人が集まる場所を把握し、売り上げに直結した無駄のない立ち回りを心掛ければ、年収は自然とアップするでしょう。一生懸命業務をこなせばその結果が給料に反映されるので、仕事に楽しさややりがいを感じながら働くことができます。

タクシードライバーは定年後も長く働ける

タクシードライバーの平均年齢は58歳を超えていて、他の業界と比較しても平均年齢がとても高いのが特徴です。タクシー業界には、90歳を超えているドライバーもたくさんいます。健康や視力に問題なければ、高齢となっても仕事を続けることができるのです。タクシードライバーとしてのスキルをしっかりと磨いておけば、老後を安泰に過ごすための大切な収入源となります。

人間関係のしがらみが少ない

タクシードライバーの仕事場は車の中です。仕事のほとんどの時間を運転に費やすことになりますし、一般のサラリーマンのように上司や同僚と四六時中顔を合わせる必要がなく、職場の人間関係で悩むことはまずありません。人と付き合うのが嫌だ、誰にも指図されずに自由気ままに働きたいというのであれば、タクシードライバーの仕事はメリットが大きいでしょう。

事故のリスクが常につきまとう

一日中車を運転し続けるというタクシードライバーの性質上、事故を起こす確率が全自動車と比べて8倍以上となっています。タクシードライバーに多い隔日勤務は、一回の勤務時間が大体20時間程度あり、長時間運転による疲労によって注意力が散漫になると事故のリスクも高くなってしまいます。タクシードライバーになるならば、できるだけ交通事故補償がしっかりしている会社の求人に応募しましょう。

京都のドライバーの求人はいくつかあるため、スキルや条件に合った求人を選ぶことが可能と言えるでしょう。