人材管理システムは企業活動のどんなシーンに必要なのか?


客観的なデータを基にして隠れた人材の発掘が可能

人材管理システムが役立つシーンは、それぞれの企業の経営方針や事業内容、従業員数などによって様々です。たとえば、全国に多数の従業員が在籍する企業においては、人事異動や昇進、昇格などの際に人材管理システムを活用することで、日々の勤怠や上司の評価、過去の実績など客観的なデータを基に、隠れた優秀な人材を発掘することが可能となります。また、営業職をはじめとした個々の従業員の能力を数値化しやすい職種だけでなく、事務や経理、総務などルーティンワークが中心となる職種に対応した人材管理システムも登場しています。そうした中、人材発掘を目的として人材管理システムを採用する際は、経営陣だけで判断せず、様々な部署の責任者にヒアリングをしながら、自社のニーズに合うシステムをじっくりと見極めることが肝心です。

中途採用の際に能力の高い人材を見極めることもできる

新卒採用だけでなく中途採用にも力を入れている企業の中には、外部から能力の高い人材を迎え入れるため、書類選考の段階方人材管理システムを利用しようとするところが多く見られます。特に、人事担当者の人数が少ない企業や、中途採用者の面接に慣れていない企業においては、こうしたシステムを導入することで、スムーズに自社の方針や日々の業務内容に適した人材を見極めることが可能となります。法人向けにシステム開発を受注しているIT関連企業の中には、中途採用に特化したシステムの構築や、法人顧客への相談対応に力を入れているところも少なくありません。そのため、満足のいく形で中途採用選考を実施するうえで、早い段階から人材管理システムの導入の可否について検討することが肝心です。

人材管理システムはひとつのデータベースに勤続年数や部署、資格や経歴などをまとめたもので、能率的な人材配置を可能にします。また勤怠管理やスキルを一元管理することで人事担当者の業務負荷を軽減します。