工場の求人選びで給料以外に重視したいところは?

社員寮で生活をしたい人は入居の可否や費用をチェック

工場の求人選びで重視するポイントは、人それぞれの年齢やキャリア、ライフスタイルなどによって違いが見られます。大手メーカーや各地域で長く生産を続けている工場の中には、社員寮を設置しているところが多くあり、毎日の通勤が面倒な人や、なるべく生活費を安く済ませたい人にとって大きな魅力があります。最近では、正社員だけでなく期間従業員やパート従業員に対しても希望に応じて社員寮を提供している工場が増えているため、就職活動を通じて社員寮の入居の可否について確認をしておくのがおすすめです。また、入居後に掛かる家賃や水道光熱費、管理費といった費用については、勤務先によって大きな差が見られるため、気になることがあれば求人に応募をする前に担当者に問い合わせをしましょう。

同じ工場で長く働くなら休暇制度など福利厚生にも注目

一箇所の工場で長く働き続けたい人は、毎月支払われる給料や手当、賞与ばかりでなく、休暇制度をはじめとした福利厚生の面にも注目をすることが重要です。従業員の定着率が良い工場の中には、性別や年齢にかかわらず希望者を対象に長期にわたる育児休暇を付与したり、職場復帰後のサポートに力を入れたりしているところが多くあります。また、長期勤続をしている従業員に対して年に数回のリフレッシュ休暇やボランティア休暇といった特別休暇を用意しているところも少なくありません。そのため、日々の仕事に対するモチベーションを長く維持するうえで、色々な工場の求人票やホームページを参考にして、どのような休暇があるのか調べておくと良いでしょう。

求人広告に「独身寮あり」などの記載があれば、それは住み込みの求人の一つです。気になったら、どんな寮やアパートを会社が完備しているか問い合わせてみましょう。