プラントの定修の仕事は大変?定修の目的と施工管理の仕事の魅力


プラントの定修の仕事の概略とその目的

定修とは定期修理の略で、プラント設備の整備点検、修理を行なうことです。プラントは24時間稼働させることが最も効率よく便利な生活を送るために欠かせませんが、故障やトラブルで何回も停止することになるとコストがかかるだけでなく大事故にもつながります。そのため定期的にまとめて点検整備を施し、問題がある場合は一気に修理するのが定修です。

定修には大定修と小定修の2種類あり1年ずつ交互に行なわれるのが一般的です。大定修は1ヶ月間、小定修は1週間から2週間ほどで期間の長さが違います。規模の大きなプラントほど点検や修理箇所が多くなるので、通常のオペレーターだけでは対処が難しいためこのときだけは外部業者にも協力してもらって作業をおこないます。

定修の施工管理の魅力と仕事の探し方

定修の仕事は大変だということを耳にしますが、限られた期間内で終了させる必要があるためスケジュールの都合では休日出勤や泊まり込みが発生します。また危険な設備を扱うため大事故にならないように厳しい安全配慮が求められるため激務で大変だといわれているようです。

確かに大変なことも多い仕事ですが魅力もあります。その1つが安定した需要です。日本経済を支える国内のプラント設備は、法律で定修を行なうことが定められているので無くなることはないです。他の職種と比較して平均年収が高いのも魅力です。特にエネルギー分野の施工管理はさらに高額です。また比較的自由な働き方ができるので、仕事は厳しくてもプロジェクトが終わると次のプロジェクトまで休暇を取りやすいです。それではどうしたら仕事探しができるかですが、その都度募集を探すのも良いですが派遣に登録すれば手間と時間を省けます。

定修の仕事のメリットは安定した需要があること、職種の平均年収が高いため未経験でも高収入が期待できることです。また仕事の期間が決まっているためプロジェクトとプロジェクトの間は比較的自由な時間です。