工場全体の管理に不可欠!プラントの施工管理について学ぼう!


工場の設備を管理するのが主な仕事

工場の規模は大小様々ですが、いずれも製品の製造や加工を行うための設備が置かれています。これらの設備は常に良好な状態を保つ必要があり、稼働を終わらせる度に点検することも珍しくありません。プラントの施工管理は工場の設備全体を管理し、時には修理も行います。設備の稼働状況を良好に保ち、不具合が起こらないように管理するのが施工管理の主な仕事です。業務の性質上、工場全体の稼働状況を常に把握する必要がある他、設備の知識も求められることから経験豊富なベテランの技術者が従事するのが普通です。

責任が重く就労時間も長くなりやすい

プラントの施工管理は工場の業務に大きく関わる仕事です。設備に不具合が起きると製造や加工に大きな支障が及び、場合によっては工場を一時的に閉鎖しなければいけません。このような事態を避けるためにも設備の状態はこまめに確認し、わずかな不具合も起きないように注意する必要があります。いつ起きるか分からない不具合には迅速に対処しなければいけないので、施工管理の仕事は責任重大と言えるでしょう。また、設備が稼働している時間帯が施工管理の就業時間とも言えるので、他の工員よりも長時間勤務になりやすい傾向があります。

施工管理の仕事を探す方法

プラントの施工管理は高度な知識や技能が求められる仕事です。経験豊富なベテランの工員に任されるのが普通ですが、外部から人を募ることもあります。施工管理の仕事は専門性が高いため、技術系の仕事に特化した転職サイトに求人が出るケースが多数です。そのため、施工管理の仕事を探すなら転職サイトの選択が重要になります。

プラントの業種は様々ありますが、主な種類は「建設、食品、化学、環境」の4つとなります。そのため、プラントの施工管理をするにあたり専門的知識が必要となる場合があります。